今回は「桃の切り方」のおはなしです。 (2024年7月17日)

~調理方法~

■切り方

1.種から取ります。

2.種離れのよい品種ならば、表面の溝にそって包丁を一周させた後、

両手で軽く持って種を軸にひねりふたつに離れます。

3.次に種を取ってから、皮をむくようにします。

4.その後、皮を剥いて切り分けます。

縦にくし切りにするのがおすすめです。

身離れが悪い場合は、先に皮を剥き、

種をかすめるように果肉をそぎ切りにしていきましょう。

momo-meritto-1024x682

■湯剥きで皮を剥く

コンポートを作る場合など、やや未熟な桃は手で皮が剥けないことが多いです。

そういう場合は湯剥きしましょう。

沸騰させている熱湯につけて氷水に落とすと、比較的楽にむけます。

■生食以外にも

生食はもちろん、コンポートやジャム、タルトにしてもおいしいです。

また、ピューレにしたもので、ムースやシャーベットにも適しています。

2303

お好みの食べ方で堪能して下さい。

次回は「デラウエア」のおはなしです。


今回は「桃の選び方・保存方法」についてのおはなしです。 (2024年7月11日)

~ 選び方 ~

♦ 全体に着色し、青みがかっていないもの

♦ 褐色に変化していないもの

♦ 左右対称になっているもの豊円形で変形していないもの

♦ ふっくらと丸みがあり上から視て横長のもの

♦ 中玉以上でずっしり重いもののもの

♦ 表面全体に毛があり全体にうぶ毛があり、傷がないもの

・・♦ ♦ お尻の部分の青みがとれて白くなっているもの

fd401114

色や香り、形と分かりやすい特徴があるので是非購入する際には

チェックをして選んで確かめて下さい。

~保存方法~

また、まだ食べごろでない桃は新聞紙に包んで

風通しのいいところで常温保存しておきましょう。

更に、食べごろになった桃は食べる1~2時間前に

冷蔵庫に入れて冷やしてから食べると美味しいです。

次回は「桃の切り方」のおはなしです。


今回は「桃(もも)」についてのおはなしです。 (2024年7月9日)

桃の旬は夏!

最盛期は7~8月頃

露地栽培の桃は、早いもので6月中旬頃から収穫がスタートし、

スーパーなどの店頭に並ぶようになります。

7月に入ると主要な産地が続々と出荷を本格化させ、

夏真っ盛りの7~8月が流通のピークに。

9月には多くの産地で出荷量が減少し始めますが、

なかには10月初旬頃まで収穫が続く産地もあります。

桃の旬は非常に短く、1本の樹から果実を収穫できる期間はわずか

10日ほどしかありません。

571134ac3a9fd9a44cd41947934d1b57ペクチン・トレハロース・カリウム・ビタミンC、E

フルクトース・イノシトール

などの栄養素が多く含まれております。

次回は「桃の選び方・保存方法」についてのおはなしです。


Copyright © 2016 MIKICO SALON Corporation All Right Reserved